リスティングコラム

COLUMN

リスティングが表示されない時に必ず確認してほしい階層ごとのポイント

Googleアドワーズ

Yahoo!リスティング

クリック単価

メディア運営

リマーケティング広告

品質インデックス、品質スコア

運営のコツ

リスティングが表示されない時に確認すべきポイント

出稿しているはずのキーワードで検索してもリスティング広告が出ない、そんな経験をされている方は多いかと思う。広告が表示されなければクリックされることもなく、サイトへの集客ができない。今回はリスティング広告が表示されない時の原因や確認すべきポイントを、アカウントやキャンペーンといった階層ごとにご紹介する。

アカウント単位で確認するポイント

①アカウントに広告費は入っているか

 広告費の支払い設定を「手動支払い」にしている場合、アカウントに入っている広告費が無くなると広告が表示されなくなる。広告費を入金するか、支払い設定を「自動支払い」にすることで解決できる。

②アカウント単位の配信設定はオンになっているか(Yahoo!プロモーション広告スポンサードサーチ・YDN)

 Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチとYDNはアカウント単位での配信設定が存在する。しばらく広告配信を止めていて再開するような場合は、アカウント単位で配信設定がオンになっているかを確認しよう。

キャンペーン単位で確認するポイント

①1日の予算が低くないか

 キャンペーンでは1日に使用できる広告費の上限(予算)を設定できる。広告費が予算に到達すると広告が配信されなくなる。1日の予算を引き上げる、広告グループやキーワードの構成を見直す、入札を下げるなどで対応しよう。

②配信地域・配信時間帯の設定はないか

 キャンペーンでは広告を配信する地域、時間帯を設定することができる。配信対象外の地域・時間帯では広告が表示されないので、注意しよう。

③開始日・終了日の設定はないか

 キャンペーンでは広告配信を開始する日、終了する日を設定することができる。念のためキャンペーンの終了日を設定し、後で設定を変更し忘れた、などということがないように注意しよう。

④IPアドレスの除外をしていないか(Google AdWords)

 Google AdWordsには「IPアドレスの除外」という機能がある。設定したIPアドレスのユーザーは広告の表示対象から除外され、検索しても広告は配信されない。自社のIPアドレスを除外する場合が多いので、設定を確認しよう。

広告グループ単位で確認するポイント

①入札価格(上限クリック単価)は適切か

 入札価格の相場はキーワードごとで大きく異なる。入札価格が低すぎると検索結果の1ページ目に表示されないので、入札価格を引き上げるなどの対応をしよう。Google AdWordsでは「First Page Bidの見積もり」、Yahoo!プロモーション広告では「1ページ目掲載に必用な入札額」を参考にすると良いだろう。

広告単位で確認するポイント

①広告が不承認や審査中になっていないか

 リスティング広告は媒体ごとに審査基準(掲載ポリシー)があり、抵触すると広告が不承認となり、表示されなくなる。特に健康食品や病院・クリニック関連の広告は審査基準が厳しく、不承認になりやすい。広告が不承認になった場合は、併記してある不承認の理由を参考に修正して再度入稿すると再審査が行われる。

キーワード単位で確認するポイント

①品質スコア(品質インデックス)は低くないか

 リスティング広告ではキーワードごとに10段階の品質スコア(品質インデックス、以下品質)が付与される。広告の掲載順位はキーワードの品質と入札価格によって決まり、品質が2以下の場合広告が表示されない。品質はキーワードに対する広告の関連性やリンク先ページの利便性などによって評価される。品質が低い場合は広告文を変える、リンク先ページを変える、キーワードに対応する広告文を設定するためグルーピングを分けるなどの対応をしよう。

②検索ボリュームが少なくないか

 登録しているキーワードの検索数が少ない場合、「検索ボリュームが少ない」というステータスが付けられ広告が表示されない。検索ボリュームが増加するまで待つ、Googleに掲載を申請する(マス連動ワードのみ)といった対応を取ろう。

③キーワードが審査落ちしていないか

 設定したキーワードとリンク先のページコンテンツの関連性がない、あるいはあまりにも低いと判断された場合、キーワードが審査落ちする。設定しているキーワード、広告文を見直して入稿すると、再審査が行われる。

④除外キーワード(対象外キーワード)の設定は適切か

 リスティング広告は除外キーワード(対象外キーワード)を登録することで、登録したキーワードで検索したユーザーには広告を表示させなくする機能がある。この機能は無駄なインプレッションの防止として効果的だが、間違った設定をしてしまうと広告を表示させたいキーワードで検索されても広告が出なくなる恐れがある。除外キーワード(対象外キーワード)を設定するときは注意しよう。

まとめ

リスティング広告は表示されなければクリックもされず、効果を発揮しない。登録したキーワードで検索した時に広告が表示されないという場合は、上記の項目を確認して欲しい。成果が目に見えるリスティングに興味がある方は下記よりお問い合わせください。

N

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/12/02

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

動画

動画広告

2019/11/25

Facebook広告

GDN

Google Analytics

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

Instagram

Yahoo!リスティング

YDN

アクセス解析

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ