リスティングコラム

COLUMN

Googleアドワーズ ラベル機能の活用方法

Googleアドワーズ

運営のコツ

ラベル機能を活用してリスティングの運用改善に役立てる

リスティング広告には広告のターゲティングに関する機能や、広告をさらに効果的にする広告表示オプションの機能、レポーティングに関する機能など、広告運用を楽にするまたは便利にする様々な機能がある。リスティング広告の2大媒体であるYahoo!プロモーション広告、Googleアドワーズと両方とも同じような機能がある場合もあるが、中にはどちらか片方しか持っていない機能もあり、それにより使い勝手が変わってきたりすることもある。そういった機能の一つに、Googleアドワーズのみが持っている「ラベル機能」がある。

Googleアドワーズのラベル機能

Googleアドワーズのラベル機能とは、キーワードや広告文、広告グループ、キャンペーンにラベル(しるし)を付けておく事が出来る機能だ。ただそれだけの機能だが、これは活用次第でリスティング運用が非常に捗る機能だ。特に成果を改善していく中でABテストを行う時にラベル機能は活躍する。例えば品質スコアの低いキーワードを改善したい場合、品質スコアが3以下のキーワードに「品質スコア3以下」というラベルを付けておき、改善施策を実行してある程度の期間を空けてみると、品質スコア3以下のラベルがついているキーワードの中に、品質スコアが4とか5になっているものが出てきたりする。品質スコアはデータを残しておかない限り、過去に遡って確認する事が出来ないので、このようにラベルを付けておくと非常に楽に品質スコアの改善を確認する事ができる。

また、ある一定の期間コンバージョン率の高かったキーワードやあるキャンペーンで効果の高かった広告文などにラベルを付けておくと、その後の施策の結果でコンバージョン率の高かったキーワードがどうなったのか、効果の高かった広告文がどうなったのかなど色々と確認する事が出来る。コンバージョン率の高いキーワードや効果の高い広告文は、品質スコアと違い過去のに遡ってデータを確認すれば見ることは可能だが、いちいちデータの期間を絞り込んで過去の数字を見にいかなくても済むというのは、かなりの時間短縮になる。

さらにラベルは「そのラベルごとに数字を比較する」という使い方も出来る。例えば、広告グループやキャンペーンを跨いで同じ広告文を使った場合や、全く同じ広告文でなくても訴求するポイントが同じ複数の広告文などに対して一緒のラベルを付けていくことが出来る。価格訴求の広告文には「価格訴求の広告文」、価値を訴求した広告文には「価値訴求の広告文」というように複数の広告文にそれぞれのラベルを付け、そのラベルごとにデータを集計すると、価格と価値でどちらに訴求した広告文がパフォーマンスが高かったか、といったデータを出すことが出来る。上記の広告文の例でも、キャンペーン・広告グループ横断で広告文のレポートを作り、そこからそれぞれグループ分けしてエクセルで計算してと、ラベルを付けなくても訴求ポイントごとにパフォーマンスを確認することは可能だ。だが、ラベル機能を活用すればラベルを付けておくだけで管理画面上でラベルごとの数値を比較できるし、もちろんそのままCSVでラベルレポートという形でダウンロードする事も可能なため便利さは段違いだろう。

まとめ

上記で紹介したラベル機能は、無くても広告を運用する事は出来るが、活用する事で管理するのにも、仮説を立てるのにも、改善するのにも非常に役に立つ機能だ、効率的にリスティング運用をしたい場合や成果改善をしたい場合はこのラベル機能を使いこなせるようにしておくと良いだろう。

成果が見えやすいリスティング運用に興味がある方は下記よりお問い合わせください。

 

N

この施策を含め専門コンサルタントに相談

お問い合わせはお電話でも受け付けております。

簡単なご質問から無料分析まで、詳しい専門スタッフが
お電話にてご対応いたします。

お問い合わせ無料分析はこちら

お問い合わせ専用ダイヤル

03-6380-1651

営業時間9:00~21:00(土・日・祝日を除く)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

最新のマーケティング情報をお届けします。

最新のコラム

2019/10/21

GDN

Googleアドワーズ

Googleディスプレイネットワーク広告

事例

機能

2019/10/14

YDN

クリック単価

バナー広告(イメージ広告/ディスプレイ広告)

事例

機能

お電話での
お問い合わせはこちら

受付:9:00~21:00(土日祝日除く) 03-6380-1651

メールでの
お問い合わせはこちら

お問い合わせ
ページトップ